トップ > コラム > チャーチルという時計を知っていますか?

チャーチルという時計を知っていますか?

“チャーチル”と名前の付いた時計を知っていますか?

今年のアカデミー賞が発表され、元イギリス首相ウィンストン・チャーチルについて耳にすることが増えた方もいると思います。LIPの“チャーチル”はまさにその名がつけられた時計。

1948年にフランス政府は、第2次世界大戦にてナチス・ドイツの占領下におかれたパリ解放に尽力したとして、戦時中イギリス首相であったサー・ウィンストン・チャーチルに感謝の証としてこの時計を送ったとされていることから、その名がつきました。



1910〜30年代にパリを中心に栄えた装飾様式「アールデコ」の雰囲気を纏ったT18は、平たいリューズや2トーンに彩られた文字盤、直線的なデザインなどが特徴のモデルです。

1939〜45年の第2次世界大戦を前に自社キャリバーを搭載した「Type 18」を製造していたLIP社が戦火を避けて工場をフランス中心部に移転し、戦後再び創業地であるブザンソンに戻り再稼働した後に登場したモデルです。

当時からほぼ変わらないデザインでありながらも、現在のLIPの中でも非常に人気のモデル。
流行の丸いフェイスでもなければ、シンプルでも無いこの時計は、時代に流されない確かな魅力が詰まっています。