トップ > コラム > ”フランス在住ライターFumikoさんによるフランスコラム”

フランス在住ライターFumikoさんによるフランスコラム国旗

第1回 山が好きなフランス人とアルプス・シャモニーの街について


「モンブラン」と言えば、栗のケーキ・モンブランが有名だけれど、今日はヨーロッパアルプスの山・モンブランのお話。

フランスには、そのモンブランを眺めることが出来るシャモニーという街がある。
夏はハイキングや登山、冬はスキーが楽しめるので、フランス人に人気の観光地だ。
澄んだ空気が気持ちよく、迫力ある雄大な山々を間近に感じられて、私も初めて訪れた時には感動した。

Lipコラム・アルプス1

家族のバカンスで過ごす人も多く、夏の登山では私が息切れしながら登っている横を、まだ小学生くらいの男の子とお母さんが
ハイスピードで登って行ったり、冬のスキー場では、まだ小さい子供をおんぶしながら滑っているお父さんを見かけたり
フランスは子供連れでもアクティブに過ごす人達が多い。

運動が苦手な人は、夏は標高が高いので避暑地として、山を眺めながらホテルのスパで過ごすのもよし
冬はスキーをしなくても、ゴンドラで山頂のレストランへ行きシャンパーニュを飲みながらおしゃべりしているマダムがいるのでそういった楽しみ方もあるみたい。

Lipコラム・アルプス2

なかでも旅行で来ている日本人観光客にもおすすめなのが
ロープウェイに乗るだけで富士山よりも標高の高い3842m地点へ簡単に行けてしまうエギーユ・デュ・ミディ展望台。
頂上には展望台だけでなくレストランや、空中体験ができるガラスのキャビネもある。

Lipコラム・アルプス3

気軽に富士山よりも高い所へ来られるのだけど、気を付けたいのが酸素が薄いということ。
高所恐怖症気味だけど、絶景スポットのガラスのキャビネで写真を撮りたかった私は展望台に到着してすぐに早歩きでキャビネの列に向かったら、すぐに息苦しくなってしまった。

展望台からは晴れていればモンブランがはっきりと見える。そしてこれからモンブランへアタックする登山家たちが歩いて行く
姿もよく見えるので、酸素の薄い場所で過酷な登山に挑戦する姿にも、また感動してしまう。

Lipコラム・アルプス4

私のフランス人の夫の父親もまた、昔モンブランへ登頂したことのあるアルピニストだった。
普段はパリ暮らしだけど、シャモニーにメゾン・ド・カンパーニュ(田舎の家)を持っていて、夏は登山やロッククライミング
冬はスキーなど、夫の小さい頃はバカンスでよくシャモニーに通っていたらしい。

山が好きなフランス人なだけあって、過去には有名な登山家も多い。

Lipの時計のひとつに、創業者の孫であるFred Lipが友人でフランスの著名登山家リオネル・テレイ(ヒマラヤ山脈にある世界で5番目に高いマカルー初登頂などで知られる)との会話をもとに生まれた“ヒマラヤ”というモデルがある。
後に1950年に人類で初めて8,000m級の登頂に成功したフランスの登山家で政治家にもなるモーリス・エルゾーグはこの時計を登山でも着用したことにより、この時代のフランスの登山家の9割がこの時計を登攀時に選んだといわれている。
おそらくシャモニーでもLipの時計と共に、モンブランへ登攀した登山家たちがいたと思うと感慨深い。
アースカラーのレザーが柔らかい印象のヒマラヤ・レディースモデルを身に着けて、またシャモニーを訪れたいと思った。

Fumiko
フランス在住。カメラと旅行、街歩きをしながら写真を撮ることが好き。
パリのおすすめホテルやレストラン、フランス&ヨーロッパの素敵なところを紹介するWebサイトを運営しています。
la carte de voyage **パリ暮らしと旅のキロク** 
https://lacartedevoyage.com/